8月6日 ヒロシマ

去年の暮れに子供が学校の図書館で、「はだしのゲン」を借りてきた。
自分も子供のときに読んだことがあるが、子供たちが読んだ後自分も読み返してみた。
ほんの63年前の自分の親が生まれた頃に起きたことだ。
今現在日本はどうなのか?輸入して捨てている食品、ゆとりばっかり考える学校、平和なのはいいが当たり前なのか?
自分もその中にいる・・・
今日の式典で子供代表は「何も知らなくて平和は語れない。ヒロシマで起きた事実に学び、伝えていく」と誓った。
はだしのゲンを読んだ後子供たちが言った「ヒロシマに行きたい」 「見てみたいと」
今年の正月にヒロシマに行って来た。やっぱり実際起きた所で見させるのが一番いいと思ったからだ・・
TS3C0469
何かを感じてくれればそれでいい
 
TS3C0472
ここで何万人もの人が死んだ。昭和のほんの前の事だ。
TS3C0474 
平和記念公園 
資料館での展示品の中には目を覆いたくなる物もあるが、何が起きたかを知るには見なくてはいけない・・・
 
正月に家族旅行でヒロシマってどうかな?と思う人もいるかもしれない。もっと楽しい所があるのに・・・
当たり前にご飯が食べれて残しても怒られない、当たり前に学校に行って、当たり前にゲームや野球。
だからこそ ヒロシマに行ってきた。
広告