レースとは・・・

今年のmotoGPは先日行われた日本GPで決着がついた。
ロッシ・ヤマハ・BS がチャンピオン
去年の強さからしばらく ストーナー・ドカ・BSの時代がくるかな?と思っていたが、ロッシはやっぱり凄すぎですね・・・
スズキはいまひとつパッとしません・・・ 来年体制は変わらないみたいだから、ぜひ頑張って欲しいものです。
さて最近はあまりレースも見に行ってませんが(去年の鈴鹿8耐が最後)、 昔はよく観戦に行ってました。
鈴鹿・筑波が主でしたが、数々の名勝負を見てきました。そのなかでも89年全日本ロードレース最終戦 【筑波】は思い出に残ってます。
20070720010126
写真は8耐の時です。
 
この年ヨシムラスズキはアメリカから ダグ・ポーレンを呼んでTT-F1とTT-F3を戦っていました。特に前年ホンダにTT-F1のタイトルを奪われていたから、
ダグと大島でタイトル奪還に必勝体制だったと思います。
それでまず TT-F3ですが、この時のライバルは青木3兄弟の長男ノブアツ君(今はスズキで開発ライダーやってます。)マシンはカップヌードル・ホンダのNSR250R
ポイントでリードしてたダグ・ポーレンはタイトルを狙い、確実な走りで何位だったか忘れたけどゴール!
見事 TT-F3のタイトル!! レースは青木ノブアツくんが勝ったと思います。ヨシムラがチャンピオンになったのと、前年までノービスで一緒だったノブアツ君が勝ったので
うれしかったのを覚えています。
問題はTT-F1です。最終戦前までのポイントでダグが2位のホンダの宮崎選手をわずかにリードして最終戦をむかえました。
決勝 宮崎選手はいいスタートでした。ダグはミスして中段くらいだったと思います。
当然わずかなポイント差なのでこのままでは、ホンダが逆転チャンピオンに・・・
ここからです問題は・・・
宮崎選手をチャンピオンにしたいホンダのライダーが追い上げてきたダグをあからさまにブロックしてダグを押さえ込みます。
スピード差は歴然としてました。当然ダグのが速い。
これがレースなのか・・・
世界のホンダがやることなのか・・・ 走っている宮崎選手・ブロックした選手たちは悪くないと思います。チーム(メーカー)の作戦なのだから・・・
しかしはらわたが煮えくり返りました。多分ダグもそうだったと思います。
速い者が勝つ!当たり前のことだと思うのですが・・・
ま~でもそんな卑怯な作戦は長くは持ちません・・・何とか抜いてダグがチャンピオンに!!
ダグはインタビューで「クレイジー」と申していました。胸がスッキリしました。
早速ヨシムラのピットに行ってみるとお祭り騒ぎ!!
TS3C1283
その時ダグ・ポーレンからもらったステッカーとサインは宝物です。
自分の応援するライダーには、そんな事をしてまでチャンピオンを採ってもらいたくない。
F1のプロストやセナのように無理と相手にぶつけリタイヤさせてチャンピオンをとっても全然ファンは嬉しくないよ・・・
嬉しい人もいるか・・・
真っ向勝負で負けたってファンは応援します!
 
次の年90年TT-F1のチャンピオンがその時ブロックしていたホンダ・岩崎選手
その次91年が助けてもらっていたホンダ・宮崎選手・・・
クソ食らえってなもんです!

レースとは・・・” への1件のフィードバック

  1. タグ・ポーレン、
    スーパーバイク(ドカ)で優勝!・・・・印象的でした。
    サイン・・・・うらやましいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中