FD JIG

“FLIP DIP JIG”(フリップディップジグ) 今回の琵琶湖釣行はこのジグが全てだった気がします。

朝一 べた凪・梅雨の晴れ間・ブルーギル浮上の条件から

CA3C0118

ザラ スーパースプーク(ザラの中で一番でかい三本針のヤツ)を投げました。トップはこれとビックバドくらいしか持ってません。

相変わらず良く飛んで気分良いです!

湖面は何時出てもおかしくない状態・・・

水面からちょっとだけ顔が出てるウイードを狙っていくと

「バシャーン!」 やっぱり出てきます!!!

しかしルアーが大き過ぎてか???下手なのか???フッキングしません・・・

それを何度か繰返し朝一のゴールデンタイムは終了・・・

とってもダメダメな雰囲気です・・・

しかしFD JIGが救ってくれました。

CA3C0121

3/4 トレーラーはベビーパカクロー 名前の通りパカパカ動きます。

CA3C0120

5/8 こっちはジューンバグカラー

ヘッドが平べったくなっていてすり抜け抜群です!

 

しかも今日のガイドさんはこれを開発した藤井さんです。

使い方を説明してもらい海老の動きを想像して使ってみると

P72400061

あっさり ナイスサイズ!!

CA3C0116

次は 52cm!

CA3C0117

またまた 50UP!!

釣れるたびに自分がこのジグを使いこなしていく感じがして最高です!!

結局50Up は二本でしたが、ナイスサイズを合わせて7本位釣れて今日は終了です。

満足な一日でした。

 

ホテルに向かう途中にFD JIG(予備)とパカクローを釣具屋で調達して準備完了!

ワクワクして明日に備えます。

しかし次の日は強風と激雨・雷雨で11時頃危険な為終了・・・

琵琶湖では、毎年何人も転覆したりボートから転落して亡くなってますから当然だと思います。

自分の身は自分で守る!

何時までも釣りをしたいなら人に迷惑をかけない事が大切です。

特にバス釣りは世間から認められた釣りではありませんから・・・

 

今回の藤井さんのブログ

http://biwakonewandold.blog61.fc2.com/blog-entry-147.html

それとジグの説明です。

“FLIP DIP JIG”(フリップディップジグ)。

「獲る」ための革新がここに
琵琶湖に広がる何種類ものウイード、もはやヘビーカバーと化したウイードフラットをストレス無く
攻める為に、長期にわたりテストを繰り返し開発した“FLIP DIP JIG”(フリップディップジグ)。
バンピング、フリップ、ズル引きなどどんなシチュエーションでも高次元に対応できるよう、
ディテールにもこだわり、必要機能のみ残し徹底簡素化。
ウイードからのすり抜け重視の縦扁平でありながら、フォール時の姿勢、見た目以上の着底安定性。
初期動作にクイックに反応するヘッドデザイン、ビッグバス特有の硬い口内に完璧にフッキングさせる為に、
実践から導き出された微妙なアップポイント設計など、ビッグバスを獲る為に必要な要素を盛り込み完成させた、
まさに、「ビッグバス対応のジグ」がここに。

ガード付きラバージグ
ウエイトサイズ 1/2oz 5/8oz 3/4oz
フックサイズ 5/0
各サイズ 680円(税別)

GriT Design 発売元です。

 

お盆前に再度挑戦だぜ!!

広告