晩秋の挑戦

現在の情報によると、非常に厳しい状態の琵琶湖ですが

今週末行ってきます。

ガイドなしのレンタルで今年最後の挑戦になります!

行かなくては釣れませんし、投げなければ魚は掛かりませんから・・・

昨日準備しながら作戦を考えました。

CA3C0492

ファッペとマッペ

色々なカラーがありますが一軍は

昔発売されていた金箔張り仕様

使いすぎて目は取れ金箔も剥がれてます。

昔からの釣具屋には売れ残った物が今でも置いてあるかも???

運よく見つけたら「買い」です。

CA3C0493

BカスタムとDゾーン

スローロールしますから重いのが好きです。

下の白いDゾーンで59.5cmの実績があります。

ブルブルして気分いいです。

Bカスタムはカリカリです。

 

この2種類がメインになると予想されますが

CA3C0494

サブでジャークベイト

サイドステップとスカッドミノー

結構釣れますが、バスのサイズは平均的に小さいような気が・・・

 

プロの方から聞きましたが、クランクやジャークベイトを巻いたら

必ず針の擦れた跡を確認しろとの事です。

CA3C0495

この様に左右対称になってる物は「アタリ」

残念ながらならない物は「捨てる」もしくは「中古屋に売れ」です。

もちろんある程度アイで調整可能ですが

基本的にハズレ製品なので処分が妥当です。

一日巻き倒すには信じる事がとても重要な要素ですからね。

CA3C0496 左 CA3C0497

同じルアーでも釣れる物と釣れない物が確かに存在しますが

針跡が左右対称の物はやっぱり成績良いです。

新品の5個に1~2個はハズレみたいですから買う時はよく厳選しないといけません。

逆に中古ショップで買うときは、傷だらけで古くても条件が揃ってれば「買い」です。

たまに中古ショップ見ますが

使い込んだ思い出のルアーを売るなんて・・・と思います。

釣りを止めたのかな・・・

広告