ブレーキライン

フロントマスターシリンダーから左右のキャリパーに1本ずつ

計2本出てるタイプはあんまり自分好みではありません。

ノーマルタイプのT分岐タイプがシンプルで好みです。

CA3C0064

今回、初期型GSX-R750用に寸法をとって作ってもらいました。

フッティング類は全て信頼のあるステンレス製です。

以前はアルミ製を使ってましたが、アルミは過去の例から今一歩信頼置けません・・・

ワークスでもここは鉄かステンレスを使用するといいます。

軽さより強度です。

まったく使わないリアのブレーキは今でも安いアルミ製を使う事がありますが

簡単にひびや割れが入る事があるので

定期的にチェックをお勧めします。

CA3C0065

キャリパー側はストレートタイプ

CA3C0066

出口も1本なのでスッキリです!

ホース類にはこだわりますがパッドは全然気にならないです。

純正かデイトナの緑パッドしか使いません・・・

峠の下り好きなタイプだからブレーキは掛けても

あんまりガッツンと効かない方が速く走れる事もありますね!

広告

ブレーキライン” への6件のフィードバック

  1. ブレーキラインカッコ良いですね♪あっしの愛車も鈴鹿MTまでにカッコ悪いブレーキライン、やり直さないと・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中