1日1本

昨日


滝の流れの中で


ラバージグで1本

今日


川の流れのよどみで


ジャークベイトで1本

仕事帰りに

1本釣ると

ビールも旨いし

寝つきも良いし

良い事尽くめですな

わはは(^_−)−☆

広告

マッチザベイト

おはようございます。

もう7月ですね。

月日が経つのは早いです。

さて

前回天竜川に行った時

バスが鮎を食べていることが

わかったので

鮎カラーのスレッジを

持って行ってきました。


場所は

超人気ポイント

キョウデン前

去年はあの工場で

今頃仕事してました。


カラーをベイトに合わせただけで

反応抜群です。


ひったくる様に

奪っていきます。

人気ポイントで

プレッシャーも高いですが

次々と出てきます(^_−)−☆


この前苦戦したのが

嘘みたいに調子いいです。

しかし

根掛かりでロスト…>_<…

人生終わった様な

気分です。


画像下の

ラバージグも前回当たりが

ありましたが

どうしてものらないので

画像の上の

コンパクトなガード付きに

4インチグラブをトレーラーにして

投げてみると


ガッツりきました!

ナイスサイズ

引きも強烈

ルアーを

捕食している餌に合わせることは

大切ですね。

また勉強になりました。

今回は

キョウデン ラッシュを

味わえました。

釣りバカ親子

こんばんは

今年の夏は猛暑みたいですね。

さて

金曜日行ってきたばかりですが

本日も

野尻湖に行ってきました。

ラバージグ一本勝負の予定で

気合い入れて行きましたが


本日は

チャプター

トーナメントでした…>_<…

そこら中

釣り上手のボートだらけ

人気ポイントは

入る事さえ出来ません。

それでも

隅っこの方で

ラバージグ打ってましたが

思い切り投げれば

周りのボートに直撃します。

遠慮しながら

キャストするのは

ストレスたまります。

そんな中

後ろで適当に

ダウンショットしている

息子に


釣れました。

しかも適当なくせに

デカいです。


そして

直ぐまた

釣ります。

また

ナイスサイズ

しかも

良く当たり有るって

言います。

それなら

俺もやろうかなって思いましたが

ワームの竿持ってきませんでした…

こうなれば

もう意地で


ラバージグで一本釣りますが

サイズ負けてます。

湖の雰囲気が

ガラッと変わったのは

午後2時過ぎ

トーナメントが終わり

湖上が空いて

しかも

北風が吹き出しました。

狙いを北風の当たる場所に絞って


ジレンマのジャークで


お次は

超ナイスサイズ(^_−)−☆

やり方を教えてやった息子にも


これは

ビッグサイズ(^_−)−☆

せっかく

調子出てきたのに

ここで

時間切れ


45アップ3本出て満足そう


2人で記念撮影

たまには

親子で波に揺られながら

のんびり湖上に出るのも

良いですね!

でも本当は

俺は必死でしたけど

釣りバカ兄弟


こんばんは

さて

金曜日

兄弟3人で

野尻湖に釣りに行ってきました。

アフターから

回復して

餌を旺盛に食べている

バスを狙います。


水深8m

ベイトの群れにつくバスを

重めのラバージグで

ホンガリンクすると

ナイスサイズ(^_−)−☆


弟は

あちこちで

ボイルしてる所を直撃で

ナイスサイズ(^_−)−☆


水深6m

ベイトの群れのトップ辺りで

ジレンマに

ナイスサイズ(^_−)−☆


こちらは

ラバージグで

ナイスサイズ(^_−)−☆


またまた

ラバージグで

ナイスサイズ(^_−)−☆

ガツンとくる

ラバージグの釣りが大好きです。

その他にも何尾か釣りました。

こうなると

もう繊細なスピニングでの

ワームの身体には

戻れません。

結局

ほとんど

ラバージグで

1日過ごしましたが

数もサイズも満足です。

良い釣り出来ました。

結論から言うと

ラバージグで釣れるバスは

デカいです。

釣りバカ兄弟3人で

今度は琵琶湖です。

その前に

俺は

また明日

野尻湖行きます(笑)

笑顔


厳しい釣りでしたが

最後に一匹

釣れると笑顔に

なりますね(^_−)−☆


久しぶりに行った

山雅の試合

引き分けを覚悟した

後半45分

1点入れて勝利

勝つとみんな笑顔に

なりますね(^_−)−☆

みんな笑顔なら

この世から

争い事はなくなるでしょう。

それと

最後まで諦めない

気持ちは

本当に大切です。